ホーム

10月22日 つだぬま~る その2 (津田沼)

2012年11月12日 15:33

喫茶店でiphoneとテザリングしてMacBook airから
記事更新するおしゃれな行為に果敢にも挑戦


本日は
「つだぬま~る その2」
DSC06116_R1.jpg









で、津田沼のいろんなお店を食べてきました












ということで、もう一枚のチケットを握りしめて
BAR D.D ISLANDへ

お店はパルコ近くの郵便局の裏手のビル4Fです



DSC06112_R1.jpg

こちらのお店ではチケット1枚でお酒とおつまみ
また二敗目以降はおつまみが変わっていくシステムになっていました。
チョコが食べたいとの要望や、炭酸がだめなツレには
ほかのメニューを出してくれたり
あの手この手のわがままを聞いてもらっちゃいました。



DSC06108_R1.jpg

ってことで生チョコと・・・なんのお酒だっけ?w



DSC06110_R1.jpg

自分は自家製ジンジャーウォッカで作る
モスコミュールをいただきました。
しっかり辛くてうまい♪



DSC06121_R1.jpg

で、その後はチケットもなくなったんですが
話の楽しい店員さんと盛り上がりもう一杯もう一杯と注文

これはロブロイ。ウィスキーベースのカクテルです


18世紀スコットランドの義賊"赤毛のロバート"ことロバート・ロイ・マクレガーの通称ロブ・ロイに由来する。カクテルの創作者はロンドンの高級ホテル「ザ・サボイ」のバーテンダー、ハリー・クラウドッグ。別名「スコッチ・マンハッタン」「パーフェクト・マンハッタン」。

wikiから拾ってきました。
元々マンハッタンっていうカクテルの変形なのですが、どんなウィスキーを使うかで
全然変わるのがおもしろいところ。



DSC06125_R1.jpg

ゴードン&マクファイル社のベンロマック 25年

バルヴィニーが飲みたかったんですが
ちょうど切れちゃったところらしく
代わりにこちらをいただきました。
1983年に一度こちらの蒸留所は閉鎖しているためそれより前のもの?
かなりの貴重品がいただけちゃいました。
香りは見事なフルーツと飴といったかんじで
スペイサイドが好きな人ならグッとくること間違いなし。
味はスパイシーなかんじもしますが香りのおかげで
次から次へと飲みたくなるうまさ。お見事でした。



DSC06123_R1.jpg

生チョコもおいしかったんですが
ほかのメニューもとっても気になるラインナップ。
またこなきゃね。ここ
※実はあれからもう一度いきました。








こういう町おこし系のイベントはメリットもデメリットも
お店にはあるみたいですね。
お客側としては楽しめるしいろいろ工夫してほしいところ。
今回はいったお店はほとんどあたりでした。またいきます。







ごちそうさまでした。




本日のお支払い
2人で4000円程度


↓2012年11月08日 現在の順位は…

グルメ 726位 (昨日:812位) / 19257人中
レストラン/飲食店 225位 (昨日:252位) / 4261人中

↓ランキングやってます

ポチッ





次回予定

「あつあつおデート」

スポンサーサイト

居酒屋 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://leotabe.blog137.fc2.com/tb.php/790-9df68f18

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

裕/柏猫

Author:裕/柏猫
美味くて安い酒と飯を求めて東へ西へ
球場飯の記事をもっと充実させられたらなーと思いつつ…

美味しいお店情報
コメント待ってます

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる